大学の教員・職員へのみち

医療系大学の人事が見た教員・職員になれる人、なれない人

看護の志願倍率が落ちているようだ

受験シーズンはこれからだが、どうやら看護の志願倍率が落ちているようだ。

 

緩やかな景気回復と有効求人倍率の改善がここに来てジワジワと効いてきている。

 

景気が良くなると、予想通り「手に職」を考える人が減るということだろう。

 

この論理で行けば、看護だけでなくなる他の医療職も、そして医師すら同じかもしれない。

 

医学部の偏差値が異常に高くなったのは、「手に職」の究極だったのかもしれない。

医療系において大学とは何を意味するのか

医師や歯科医師、薬剤師を除けば、基本的に医療系国家試験の受験資格は専門学校でも得られる。大学に進学する必要はない。

 

しかも、受験資格を得るために必要なカリキュラムは、指定規則で縛られているため、大学であろうが専門学校であろうが大差ない。

 

大差ないと言い切ってしまうと、大学で教鞭をとっている教員から反発を食らいそうだが、指定規則の縛りが厳しく、かなりの単位数が決まっているので、自由裁量が少ない。

 

大学と専門学校の違いは修業年限と総単位数、そして学位くらいしかない。

 

受験資格だけを切り取れば、修業年限の短い専門学校の方がいい。短い年数で受験資格が得られるのだから、学費も時間も節約できる。

 

では、医療系であえて大学を選ぶと言うのは何を意味するのか。違いは何なのか。

 

教員の立場からは、大学であれば事務も多くいるので研究もできるというメリットがある。教えるという点では大学も専門学校も大きくは変わらない。大きな違いは研究環境があるか無いかである。研究能力が無い人には辛い環境かもしれない。

 

では、学生から見た場合はどうだろうか。大きな違いは、修業年限と、学位だろう。

 

学位に優位性を見いだせれば、大学を選ぶだろうし、受験資格に優位性を見出せば、早く受験資格を得られる専門学校を選ぶだろう。

 

今の大学は学位に優位性を見出した学生の期待に応えられているのだろうか。教員は学生の期待に応えられる教育を提供できているのだろうか。

 

教員になろうと思う人は、常にそうしたことを自問してほしい。憧れだけで大学の教員にはなって欲しくは無い。

 

学生が、専門学校ではなく、大学を選んで良かった、と思えるような教育を提供して欲しいし、努力して欲しい。そうでなければ、学生が不憫で、惨めである。

 

常に研鑽を積んで、一つ上の高みを目指す教員にならないと、これからの時代は、学生に選ばれないし、ひいては大学にも選ばれない。

 

大学と専門学校に際立った違いの無い医療系の世界において、大学教員のレゾンデートルが何か、それを常に思索し続けられるものが、これから求められていくようになるように思う。

就職環境が良くなると苦戦する医療系大学

就職環境が良くなると、医療系大学は苦戦を強いられる。理由は単純で、「手に職を」と考える人が減るからだ。

 

医療系大学の最大の強みである「手に職を」が魅力にならなければ、志願学生数は減る。

 

医療の中でも介護系は壊滅的な打撃を受けるかもしれない。介護は人手不足なので、求人はあるのだが、給与が低い、キツイ、と元々敬遠されがちである。志のある学生以外は、志願する学生がいなくなるのではないかと思う。

 

リハビリ系も似た状況になりそうである。看護もしかりである。

 

就職環境が悪かった時期は、「手に職を」考える学生も多かったので、医療系大学は千客万来だったが、状況が変わった今では苦戦する大学が増えるだろうと予想する。

 

もっとも医学部だけは別である。

看護系大学崩壊の序曲か

どうやら看護学生の就職が一部地域で苦戦し始めているようだ。

 

合格率の低い大学の学生が内定を取れなくなっているらしい。

 

しかも大学の地場の大病院から断られ始めているようだ。

 

ほんの数年前なら、多少成績が悪くてもとりあえず内定を出していたのが看護の世界だった。

 

様相が様変わりし始めている。

 

やはり診療報酬改定が響いているとしか考えられない。7対1基準の厳格化を諦めた病院が看護師を必要としなくなり、人があまり始めていると考えるべきだろう。

高学歴な理学療法士養成の大学教員

医療系の中でも、いわゆるリハビリ系のPT、OT、STの大学教員になるにはどうすればいいだろうか。

 

まずはPT、つまり理学療法士を目指す大学教員になるにはどうするか。

 

まずは博士号を取らないと、ほぼ話にならないことを認識した方がいい。

 

OTやSTはそこまでではないが、PTは協会あげて学位の取得を推奨しているように見える。結果として、PT教員は高学歴が多い。

 

OTやSTとは違って、どちらかというと体育会系のノリのPTが高学歴なのは意外な気がする。助教クラスですら大半は博士を持っている印象だ。近年、さらにその傾向が高まっているように思える。

 

しかも、当然のように臨床を続けながらである。これはPTの世界では当たり前の事のように思える。

 

なので、まずは博士を取るのを最優先にするのがいい。

 

ところが、OTやSTとは異なって、専門領域があまり問われない。ここが不思議なところで、結果的に運動器の専門家が固まったりする。スポーツトレーナーを志してPTの道を歩む人も多いので、当然の結果だが、今後はそうはいかないと思われる。専門領域ごとに分かれて行くことになると思う。

 

狙い目の専門領域を見つけるのは難しいが、ホットなのは、医療工学系である。例えばHALのような介護支援ロボットのリハビリへの応用である。工学の知識が問われるので、専門家が少ない。今なら重宝がられる分野である。

 

その他では循環器系のリハビリも注目度が高いように思える。この領域も人材が少ない。

 

少なくとも、3次元動作解析での研究は最先端の研究ではなくなり、これをベースにして次のステップへ進み始めているようだ。時代遅れにならないように研究を続けるにがPT教員には必要だ。

 

またOTやSTは臨床現場で相変わらず不足気味だが、PTは充足し始めているので、PT教員をめざすなら潰れそうにない大学を選ぶべきである。この点は看護と同じといってもいい。

 

それとPTの公募は意外と少ない。これはPTに限ったことではなく、リハ系の傾向かもしれない。公募ではなく、指導教官などからの声がけが多いようだ。

内定を辞退するか、受けるか

夏になると、次年度の教員採用が本格的に動き始める。医療系、特に看護教員は突如退職を宣言するので、後手後手に回ることが多い。とはいえ、毎年の風物詩なので慣れてしまったが…

 

さて、

 

採用が順調に進むと、内定が出るわけだが、ここで一つの選択を迫られる。このまま受けるか、それとも断るかだ。

 

教員から教員に移る場合は折り合いやすいのだが、臨床から移ってくる場合は、折り合わないことがある。断られる理由として多いのが、現職給与との差である。臨床から移ってくるときには、特に差が大きく出やすい。下がるのである。

 

提示される給与額は、教員としては決しておかしくない額であるのだが、実際に下がるとなると考えてしまうのは当然である。

 

ここで選択に迫られるのである。

 

どのような選択をするのかは本人の自由なのだが、多くの採用に関わってきた身としては、教員になりたいなら、多少条件が悪くなっても、目の前の内定に飛びつくことを勧める。

 

理由は簡単である。

 

貴方でなくても、教員になりたい人は山ほどいるので、採用する側としては辞退されようが全く構わないからである。辞退されれば、次の人に行くだけである。

 

辞退を受けるたびに思うのは、この人は、教員とは縁がないのだな、それほど教員にはなりたいわけではなかったのだな、ということである。

 

教員になるチャンスは、そんなには巡ってこない。数少ないチャンスを逃すのは、まさに幸運の女神に逃げられるようなものだ。

 

辞退する人の心理としては、今回内定もらえたから、次もどこかでもらえるだろう、というものだろう。

 

ここに大きな勘違いがある。

 

繰り返しになるが、教員になりたい人は山ほどいる。

 

臨床から教員に移る時は、競争相手が多いと思った方がいい。相手は既にどこかの大学で教員をしている人かもしれないし、研究業績が自分より多い人かもしれない。臨床にいながら、着実に研究業績を積む人は多い。

 

そうした競争相手を差し置いて、内定を勝ち取ったのだから、こうした勘違いが生まれるのは理解できる。

 

だが、

 

大きな勘違いである。

 

よほど優秀であれば、次のチャンスが巡ってくるかもしれないが、ほとんどの人にとっては、二度と巡ってこないチャンスである。

 

特に若手であればあるほど、失ったチャンスの大きさに後になってから気づくだろう。今回は条件が合わなかったけど、内定まで出たんだから、どこかでまた内定が出るだろうと思って、アプライしても、全然引っかからない、という現実を目の当たりにすることになるはずである。まさに幸運の女神に見放された瞬間である。

 

若手は業績がないのが当たり前で、経験もないのも当たり前なので、採用する側からは優秀かどうかが全くわからない。海のものとも山のものともしれないので、可能性だけを見るしかない。

 

それゆえ、内定が出るということは、ほぼ運命のいたずらに近い出来事であるのだ。だからこそ、それに逆らって辞退をするということは、幸運の女神に見放されるのと同じことになる。

 

若手が辞退してきた時は、引き止めることはしない。これが教授クラスのベテランなら引き止めることがある。両者の違いは明白であり、こちらの対応も明らかに違うのが当たり前。

 

チャンスを振った若手に再びチャンスが訪れるのは、十分な業績と経験を積んだ何十年後か先になるかもしれない。

 

だから、教員になりたいになら、とにかく目に前にぶら下がったチャンスを掴むことである。

履歴書は指定された通りに出そう

履歴書、研究業績書などの応募書類は、大学によって異なる。

 

フリーのところもあれば、文科省への設置申請/届出の際に使用するフォーマットを指定する場合もあれば、その大学独自の指定のものもある。

 

おそらくフリーのところはほとんど無く、文科省書式で可としているところが多いのではないだろうか。

 

だが、あの書式は正直見にくい。というのは、あの書式は、文科省での審査用のものであるから、用途が特殊なのだ。だから、大学によっては、別様式を指定する。

 

この独自の書式を指定しているというのがミソである。その大学の採用に対する意図があるからである。

 

それを無視して、独自のフォーマットで提出する候補者や、文科省書式で提出する候補者がいる。

 

ほとんどの候補者は、当然指定されたもので提出をするので、違う様式で提出されると、ものすごく目立つ。もちろん悪い意味でだ。

 

人事担当者として、そうした悪い意味で目立つ書類をどう見ているかというと。

 

完全オリジナルの書式で提出してきた場合は、その候補者は、協調性がないか、社会性がないか、理解力が欠如していると見る。いずれの場合も、教育者としては、欠点なので、この時点でアウトとなる。

 

指定の書式ではなく、あえて文科省書式で提出してきた場合は、「わたしは大学というものを知っていますよ」、という驕り、高ぶり、傲慢さを見てとる。なぜなら、文科省書式は社会一般のものではないので、自分はそうした一般社会より高尚なところにいるということをアピールできると思っているから、あえて出してくるのだ。担当としてみれば、面倒なタイプの教員だ。大学に入ったら、学務/教務スタッフに、あなたは知らないかもしれないけど、大学というにはねぇ、と恥ずかしい講釈をしてしまいかねないタイプだ。よほど事務スタッフの方が大学を知っていたりするのだがね。先が思いやられるタイプだが、要注意と見るだけで、バツにはしない。

 

結局は、指定の通りに提出した候補者が、いわば、まとも、ということで安心できる。

 

人事担当者はそう見ていることを覚えておいてもらいたい。