大学の教員・職員へのみち

医療系大学の人事が見た教員・職員になれる人、なれない人

大学の現状

見極めが必要だが、看護バブルが弾けそうだ

一部の地域で看護師が充足しつつあるようだ。 診療報酬改定の影響だろうと思われる。もしそうなら、以前の診療報酬体系に戻らない限りこの流れは確定なのかもしれない。 国に財源がない中、元に戻るとは考えにくいのだが…。 とはいえ、今年限りの現象かもし…

医療系の大学は百花繚乱

大学の約1/3に看護学科があると言われ、さらには40年ぶりの医学部新設が続き、新設の大学、学部、学科の半分は医療系という昨今、医療系大学はまさに百花繚乱の様相である。 このことが良いとか悪いとかの問題ではなく、そうなっているという事実と、社会の…